[スポンサードリンク]

漢字検定2級に合格するための問題集の選び方

漢字検定2級に合格するための問題集の選び方についてお話しします。

「漢字検定2級の出題範囲・内容」でご覧になった勉強量に焦りを感じた人もいるのではないでしょうか。

しかし、ご安心ください。文字で表せば膨大な試験範囲に見えますが、実際に漢字検定2級に合格するには、市販されている過去問を1冊こなせば充分なのです。

漢字検定2級対策として市販されている問題集は沢山あるので、選ぶ際に迷うかと思います。

自分で「これがいい!」という1冊を見つけたとしても、その問題集が財団法人日本漢字能力検定協会が監修したものでない場合、自分で選んだ1冊+漢検教材を購入しようと考える人もいるでしょう。

また、意気込んで2〜3冊の教材を揃えようとする人もいるかもしれません。

もう一度申しあげておきますが、漢字検定2級に合格するには、過去問を1冊、初めから終わりまでしっかりこなせば大丈夫です。

漢字検定2級対策としては、各出版社ともよく研究したうえで作成していると見えて、どの教材を選んでも大きなハズレはありません。

その中でも、紙質、文字の大きさ、印字の濃さ、問題集の適切な厚さの観点から、 『受かる!漢検2級速効問題集(2011年版)』をお勧めします。

私は、この問題集とも出版社とも何の利害関係もありません。

単に1ユーザーとして使い勝手の良い問題集をこの場でご紹介したのみです。

お好みもあるでしょうから、もし気に入っていただけたのなら幸いです。

ただし、あくまでも平成23年度までの審査基準に基づく目安としてお考えください。

なお、平成24年度からの新しい審査基準の検定に対応した書籍として、当ブログの記事下部にある【漢検2級対策アイテム類】をご参照ください。

【あとがき】

このたびは当サイトを訪れてくださり、ありがとうございますm(_ _)m

『漢字検定2級に合格☆漢検2級対策講座』は、ただいまブログランキングに参加中です。

お読みいただき、「まぁ、ためになった」や「今後の記事に期待する」などの感想をお持ちの皆さま、

かわいい人気ブログランキングへかわいい←こちらを応援クリックしてくださると嬉しいです♪

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【ご案内】

次回は漢字検定2級に合格するための問題集の使い方についてです♪

【漢検2級対策アイテム類】

本『カバー率測定問題集漢検マスター(2級)改訂第2版』
本『漢検2級漢字学習ステップ改訂3版』
本『漢検分野別問題集(2級)改訂2版』
本『ハンディ漢字学習(2級)改訂版』
本『漢検要覧2〜10級対応』
本『漢検漢字辞典第2版』
本『漢検四字熟語辞典第2版』
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[スポンサードリンク]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。