[スポンサードリンク]

漢字検定2級の勉強に行き詰まりを感じたら

皆さんが、漢字検定2級合格に向けて、毎日コツコツと学習に勤しむ中で、もし「漢字検定2級の勉強に行き詰まりを感じたら」というお話をいたします。

人は、何がしかの目標を達成しようと試みる場合、その過程で誰しも多かれ少なかれ“障壁(ボトルネック)”に悩まされる日がくると思われます。

これは何も、あなたの意志が弱いから、あなたに限って起こる、特別な現象ではありません。

先ほども記しましたように、人が目標達成を試みる過程で、誰しも多かれ少なかれ経験する、一種の“洗礼”なのです。

皆さんは、何か困難にぶつかった時に用いる“壁”という言葉に、どのような印象をお持ちですか?

越えられない、目の前に立ち塞がる、など、どちらかといえばネガティブなものを連想するのではないでしょうか。

それでは、例えば皆さんが何か目標を立てた際、難なくスイス〜イと達成できたとしたらどう思いますか?

誰だって、立てた目標が達成できたら嬉しいですよね。

ところが、立てる目標、立てる目標、次から次へと難なく達成できてしまい、叶わないプランはない!という状態になったら、皆さんはどう感じますか?

「そんな状態になったことがないから分からない」や「最初は嬉しいかもしれないけれど、だんだん嬉しさが薄らいでくるかも」など、いろいろな感想がありそうですね。

思い浮かべただけで、すんなりと目標が叶う状態は、最初のうちは“奇跡”のようで、“面白く楽しい”と思います。

何故なら、私たちは、「目標を達成することは容易くない」ということを、これまでの人生の中で身をもって経験しているからです。

それだからこそ、難なく目標が叶うなんて、まるで“奇跡”のようだと驚いたり、嬉しさのあまり“面白く楽しい”と感じるのです。

ところが、目標を立てる尻から達成できる状態が続くようになると、“達成の喜びを噛み締める”貴重な機会を失うことになり、目標を立てること自体しなくなるのではないでしょうか。

人は、ある程度のハングリー精神があってこそ、「次にトライするぞ!」という意欲が湧くのではないか、と私は考えます。

例えて言うならば、お腹が空いていたほうが、ご飯をより美味しく味わうことができるのであり、お腹が空いていなければ、ご飯のありがたみは身に沁みて分からない、ということです。

神様(←私はクリスチャンというわけではありません)は、人が達成の喜びを味わえるように、“壁”という、いつかは乗り越えられる“プレゼント”を私たちにくださったのかなぁ…と、しみじみ感じてしまうのは私だけでしょうか。

私の話に少しでも「あぁ、なるほど、そっかぁ」と共感を覚えて頂けたとしたら、皆さんの“壁”への印象は、もう暗いものではないでしょう。

「なんだかいけそうな気がする☆」と皆さんの気持ちが明るくなってきたのなら、私も嬉しいです。

これからも「漢字検定2級に合格」という、達成するための目標に向かって、臆することなく、一歩一歩チャレンジしていきましょう☆ファイトです☆

【あとがき】

このたびは当サイトを訪れてくださりありがとうございますm(_ _)m

『漢字検定2級に合格☆漢検2級対策講座』は、ただいまブログランキングに参加中です。

お読みいただき、「まぁ、ためになった」や「今後の記事に期待する」などの感想をお持ちの皆さま、

かわいい人気ブログランキングへかわいい←こちらを応援クリックしてくださると嬉しいです♪

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【ご案内】

次回は漢字検定準1級レベルの主要な四字熟語【あ】‐1についてです♪

【漢検2級対策アイテム類】

本『カバー率測定問題集漢検マスター(2級)改訂第2版』
本『漢検2級漢字学習ステップ改訂3版』
本『漢検分野別問題集(2級)改訂2版』
本『ハンディ漢字学習(2級)改訂版』
本『漢検要覧2〜10級対応』
本『漢検漢字辞典第2版』
本『漢検四字熟語辞典第2版』
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[スポンサードリンク]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。