[スポンサードリンク]

漢字検定2級レベルの主要な四字熟語【ろ】

ここでは、漢字検定2級受験に向けて、1つの目安として「漢字検定2級レベルの主要な四字熟語」と、その意味などを五十音順に記していきます。

今回は、【ろ】から始まる四字熟語を2語挙げます。

【ろ】

・露往霜来(ろおうそうらい)…時の過ぎるのがはやいことの例え。露の季節が去り霜の季節になる。秋が去りいつのまにか冬になる、という意味。[類義語]烏飛兎走(うひとそう)

・六根清浄(ろっこんしょうじょう)…欲や迷いから抜け出て、心身が清らかになることをいう。ちなみに「六根」とは、迷いのもととなる目・耳・鼻・舌・身・意の6つの器官を表す。「清浄」とは、煩悩や私欲がなくて清らかな、という意味。信仰的な登山のときなどに唱える言葉。

<参考文献>

『漢検四字熟語辞典第2版』
『漢検漢字辞典第2版』

【注意】

※この記事で挙げた「漢字検定2級レベルの主要な四字熟語」は、あくまで1つの目安です。

実際の試験では、漢字検定2級レベル以外の四字熟語からも、1つ2つほど出題される傾向があります。

漢字検定2級レベル以外というのは、上級の準1級や1級のみならず、下級の5〜準2級レベルあたりの四字熟語も含みます。

この記事を参考に漢字検定2級レベルの四字熟語をマスターしたあと、「これを機に、漢字検定2級レベル以外の四字熟語も知っておきたい!」という意欲をもたれた方は、上記の<参考文献>を基に、学びを深められることをお勧めいたします。

【あとがき】

このたびは当サイトを訪れてくださりありがとうございますm(_ _)m

『漢字検定2級に合格☆漢検2級対策講座』は、ただいまブログランキングに参加中です。

お読みいただき、「まぁ、ためになった」や「今後の記事に期待する」などの感想をお持ちの皆さま、

かわいい人気ブログランキングへかわいい←こちらを応援クリックしてくださると嬉しいです♪

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【ご案内】

次回は漢字検定2級レベルの主要な四字熟語【わ】についてです♪

【漢検2級対策アイテム類】

本『カバー率測定問題集漢検マスター(2級)改訂第2版』
本『漢検2級漢字学習ステップ改訂3版』
本『漢検分野別問題集(2級)改訂2版』
本『ハンディ漢字学習(2級)改訂版』
本『漢検要覧2〜10級対応』
本『漢検漢字辞典第2版』
本『漢検四字熟語辞典第2版』
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢字検定2級レベルの主要な四字熟語【わ】

ここでは、漢字検定2級受験に向けて、1つの目安として「漢字検定2級レベルの主要な四字熟語」と、その意味などを五十音順に記していきます。

今回は、【わ】から始まる四字熟語を4語挙げます。

【わ】

・和衷共済(わちゅうきょうさい)…心を同じくしてともに力を合わせることをいう。ちなみに「和衷」とは、心の底からやわらぐこと、また、心を同じくすること、という意味。「和衷協同(わちゅうきょうどう)」ともいう。

・和衷協同(わちゅうきょうどう)…心を同じくしてともに力を合わせることをいう。ちなみに「和衷」とは、心の底からやわらぐこと、また、心を同じくすること、という意味。[類義語]協心戮力(きょうしんりくりょく)、同心戮力(どうしんりくりょく)、和衷共済(わちゅうきょうさい)

・和風慶雲(わふうけいうん)…穏やかに吹く和らいだ風とめでたい雲をいう。ちなみに「慶雲」とは、よい前兆をあらわすめでたい雲、という意味。もと孔子の高弟の顔淵(がんえん)を評した語。

・和洋折衷(わようせっちゅう)…日本と西洋の様式を取り合わせること、また、そのものをいう。ちなみに「折衷」とは、いろいろな物や意見の両極端を捨てて、ほどよく調和させること、という意味。

<参考文献>

『漢検四字熟語辞典第2版』
『漢検漢字辞典第2版』

【注意】

※この記事で挙げた「漢字検定2級レベルの主要な四字熟語」は、あくまで1つの目安です。

実際の試験では、漢字検定2級レベル以外の四字熟語からも、1つ2つほど出題される傾向があります。

漢字検定2級レベル以外というのは、上級の準1級や1級のみならず、下級の5〜準2級レベルあたりの四字熟語も含みます。

この記事を参考に漢字検定2級レベルの四字熟語をマスターしたあと、「これを機に、漢字検定2級レベル以外の四字熟語も知っておきたい!」という意欲をもたれた方は、上記の<参考文献>を基に、学びを深められることをお勧めいたします。

【あとがき】

このたびは当サイトを訪れてくださりありがとうございますm(_ _)m

『漢字検定2級に合格☆漢検2級対策講座』は、ただいまブログランキングに参加中です。

お読みいただき、「まぁ、ためになった」や「今後の記事に期待する」などの感想をお持ちの皆さま、

かわいい人気ブログランキングへかわいい←こちらを応援クリックしてくださると嬉しいです♪

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【ご案内】

次回は漢字検定日程についてです♪

【漢検2級対策アイテム類】

本『カバー率測定問題集漢検マスター(2級)改訂第2版』
本『漢検2級漢字学習ステップ改訂3版』
本『漢検分野別問題集(2級)改訂2版』
本『ハンディ漢字学習(2級)改訂版』
本『漢検要覧2〜10級対応』
本『漢検漢字辞典第2版』
本『漢検四字熟語辞典第2版』
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢字検定準1級レベルの主要な四字熟語【あ】‐1

漢字検定2級に合格された方(かわいいおめでとうございますかわいい)、

漢字検定2級に合格するため、学びを補強したい方へ

ここでは、漢字検定準1級受験に向けて、1つの目安として「漢字検定準1級レベルの主要な四字熟語」と、その意味などを五十音順に記していきます。

まずは、【あ】から始まる四字熟語(【あ】‐1〜5)を14語挙げます。

【あ‐1】

・愛及屋烏(あいきゅうおくう)…人を愛するとその人に関わるものすべてが愛(いと)おしくなる、という偏愛の例え。ある人を愛すると、その人の家の屋根にいる烏(からす)まで可愛(かわい)いと思うようになるという故事から。「屋烏之愛(おくうのあい)」ともいう。

・哀鴻遍野(あいこうへんや)…いたる所に戦いに敗れた兵士や彷徨(さまよ)う難民がいるさまを表す。ちなみに「哀鴻」とは、悲しげに鳴いて飛ぶ大雁、「遍野」とは、野原のすみずみまで、という意味。[類義語]哀鴻遍地(あいこうへんち)

・愛楊葉児(あいようように)…物事の真理をより深く探求しようとしない、という意味。幼児が、落葉の時節に黄色くなった楊(=かわやなぎ)の葉を見て、黄金と思い込み大切にする、ということから。浅い教えで満足してしまうのを戒める仏教語。

<参考文献>

『漢検四字熟語辞典第2版』
『漢検漢字辞典第2版』

【注意】

※この記事で挙げた「漢字検定準1級レベルの主要な四字熟語」は、あくまで1つの目安です。

試験に備え、上記の<参考文献>を基に、学びを深められることをお勧めいたします。

【あとがき】

このたびは当サイトを訪れてくださりありがとうございますm(_ _)m

『漢字検定2級に合格☆漢検2級対策講座』は、ただいまブログランキングに参加中です。

お読みいただき、「まぁ、ためになった」や「今後の記事に期待する」などの感想をお持ちの皆さま、

かわいい人気ブログランキングへかわいい←こちらを応援クリックしてくださると嬉しいです♪

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【漢検2級対策アイテム類】

本『カバー率測定問題集漢検マスター(2級)改訂第2版』
本『漢検2級漢字学習ステップ改訂3版』
本『漢検分野別問題集(2級)改訂2版』
本『ハンディ漢字学習(2級)改訂版』
本『漢検要覧2〜10級対応』
本『漢検漢字辞典第2版』
本『漢検四字熟語辞典第2版』
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[スポンサードリンク]
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。