[スポンサードリンク]

漢字検定2級レベルの主要な四字熟語【け】

ここでは、漢字検定2級受験に向けて、1つの目安として「漢字検定2級レベルの主要な四字熟語」と、その意味などを五十音順に記していきます。

今回は、【け】から始まる四字熟語を12語挙げます。

【け】

・形影一如(けいえいいちにょ)…仲のよい夫婦、という例え。体とその影(かげ)が常に離れず寄り添っていることからいう。また、心の善悪がその行為にあらわれる、という例え。ちなみに「形影」とは、体とその影、という意味で、互いに同じ動きをすることから、2つのものが相離れない、という例え。「一如」とは、同じである、という意味。[類義語]形影相伴(けいえいそうはん)、形影相随(けいえいそうずい)、形影相同(けいえいそうどう)

・形影相弔(けいえいそうちょう)…孤独で訪れる人もないさまを表す。ちなみに「形影」とは、自分の体と自分の影(かげ)、「弔」とは哀(あわ)れみ慰(なぐさ)める、という意味。我が身と影法師が互いに哀れみ合うだけで、訪ねて慰めてくれる人とていない、という意味。[類義語]形影相親(けいえいそうしん)

・軽挙妄動(けいきょもうどう)…事の是非をわきまえず、軽はずみに行動する、という意味。ちなみに「軽挙」とは、軽率な行動、「妄動」とは、考えもなしにみだりに行動する、という意味。

・蛍窓雪案(けいそうせつあん)…苦労して勉学に励む、という意味。「蛍雪之功(けいせつのこう)」ともいう。

・軽諾寡信(けいだくかしん)…簡単にうけあう者は信用できない、という意味。ちなみに「軽諾」とは、軽々しく承諾する、「寡信」とは、信用が薄い、という意味。[対義語]一諾千金(いちだくせんきん)

・減価償却(げんかしょうきゃく)…年数の経過で価値の減少する固定資産の減損額を、各会計年度に割り当てて回収する会計上の手続きをいう。

・見賢思斉(けんけんしせい)…賢人に接した時は見習って自分もそのような人になりたいと思う、という意味。羨(うらや)みや妬(ねた)みの心を起こしてはならない、という意味。ちなみに「斉」とは、等しい、という意味。

・見性成仏(けんしょうじょうぶつ)…己(おのれ)に本来備わる仏心を見極め、悟りの境地に達する、という意味。仏教、特に禅宗でいう語。ちなみに見性の「性」とは、自己に本来備わる心性、仏心を表す。[類義語]見性悟道(けんしょうごどう)

・堅忍果決(けんにんかけつ)…我慢強く堪え忍び、いったん決めると果敢に断行する、という意味。ちなみに「堅忍」とは、意志が固く堪え忍ぶ、「果決」とは、思いきって行う、という意味。

・堅忍質直(けんにんしっちょく)…我慢強くてまっすぐな気性をしている、という意味。ちなみに「堅忍」とは意志が強く堪え忍ぶ、「質直」とは、飾り気(け)がなく正直、「質」とは、質朴という意味。

・堅忍不抜(けんにんふばつ)…意志を固く持ち、どんな困難にも耐え心を動かさない、という意味。ちなみに「堅忍」とは我慢(がまん)強い、「不抜」とは、固くて抜けない、という意味から、意志が強く、ものに動じないことを表す。[類義語]志操堅固(しそうけんご)、堅忍持久(けんにんじきゅう)、堅苦卓絶(けんくたくぜつ)

・懸腕直筆(けんわんちょくひつ)…書法の1つ。筆を垂直に持ち、腕を上げ、肘(ひじ)を脇(わき)から離して字を書く、という意味。ちなみに「懸」とは、掲(かか)げる、「直筆」とは、筆を垂直に立てて字を書く、という意味。

<参考文献>

『漢検四字熟語辞典第2版』
『漢検漢字辞典第2版』

【注意】

※この記事で挙げた「漢字検定2級レベルの主要な四字熟語」は、あくまで1つの目安です。

実際の試験では、漢字検定2級レベル以外の四字熟語からも、1つ2つほど出題される傾向があります。

漢字検定2級レベル以外というのは、上級の準1級や1級のみならず、下級の5〜準2級レベルあたりの四字熟語も含みます。

この記事を参考に漢字検定2級レベルの四字熟語をマスターしたあと、「これを機に、漢字検定2級レベル以外の四字熟語も知っておきたい!」という意欲をもたれた方は、上記の<参考文献>を基に、学びを深められることをお勧めいたします。

【あとがき】

このたびは当サイトを訪れてくださりありがとうございますm(_ _)m

『漢字検定2級に合格☆漢検2級対策講座』は、ただいまブログランキングに参加中です。

お読みいただき、「まぁ、ためになった」や「今後の記事に期待する」などの感想をお持ちの皆さま、

かわいい人気ブログランキングへかわいい←こちらを応援クリックしてくださると嬉しいです♪

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【ご案内】

次回は漢字検定2級レベルの主要な四字熟語【こ】についてです♪

【漢検2級対策アイテム類】

本『カバー率測定問題集漢検マスター(2級)改訂第2版』
本『漢検2級漢字学習ステップ改訂3版』
本『漢検分野別問題集(2級)改訂2版』
本『ハンディ漢字学習(2級)改訂版』
本『漢検要覧2〜10級対応』
本『漢検漢字辞典第2版』
本『漢検四字熟語辞典第2版』
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漢字検定2級レベルの主要な四字熟語【こ】

ここでは、漢字検定2級受験に向けて、1つの目安として「漢字検定2級レベルの主要な四字熟語」と、その意味などを五十音順に記していきます。

今回は、【こ】から始まる四字熟語を16語挙げます。

【こ】

・高歌放吟(こうかほうぎん)…あたりかまわず大声で歌い吟ずる、という意味。ちなみに「放吟」とは、声を張りあげて詩歌を吟ずる、という意味。「放歌高吟(ほうかこうぎん)」ともいう。

・綱紀粛正(こうきしゅくせい)…乱れた規律を正す、という意味。ちなみに「綱紀」とは、大綱(おおづな)と小綱で、国を治める大法と細則をいう。「粛正」とは、厳しく取り締まって不正をなくす、という意味。政治の方針や政治家・役人の乱れを正して、規律を守らせるというのがもとの意味。[対義語]綱紀廃弛(こうきはいし)

・巧偽拙誠(こうぎせっせい)…巧みに偽ることと、拙(つたな)くとも真心(まごころ)があることを表す。また、巧みに偽ることは、拙くとも真心があることには及ばない、という意味。ちなみに「偽」とは、偽り騙(だま)す、「誠」とは、真心がある、という意味。[類義語]巧詐拙誠(こうさせっせい)

・剛健質実(ごうけんしつじつ)…飾り気(け)がなく真面目(まじめ)で、心身ともに強く逞(たくま)しい、という意味。ちなみに「剛健」とは、強くて健(すこ)やか、「質実」とは、真面目で飾り気がない、という意味。「質実剛健(しつじつごうけん)」ともいう。

・黄絹幼婦(こうけんようふ)…二人の判断がまったく一致している、という意味。また、解釈や判読が素晴(すば)らしく正確なことを表す。ちなみに「黄絹」とは、色糸なので糸へんに色=「絶」、「幼婦」とは、少女なので女へんに少=「妙」、ということから「絶妙」を意味する。[類義語]黄絹色糸(こうけんしきし)

・幸災楽禍(こうさいらくか)…他人の不幸を見て喜(よろこ)ぶことをいう。人が災難にあうことを喜び、禍(わざわい)にあうのを見て楽しむ、という意味。「楽禍幸災(らくかこうさい)」ともいう。

・巧遅拙速(こうちせっそく)…上手(じょうず)で遅いより、下手(へた)でも速いほうがよい、という意味。古くは兵法の語。

・紅葉良媒(こうようりょうばい)…紅葉が縁の仲人、という意味。ちなみに「良媒」とは、良い仲人、という意味。[類義語]御溝紅葉(ぎょこうのこうよう)

・呉越同舟(ごえつどうしゅう)…仲の悪い者同士(どうし)が、同じ場所や境遇にいる、という意味。もとは、反目しあいながらも利害が一致する時には協力しあう、という意味。ちなみに「呉」「越」は、中国春秋時代の国名、「同舟」とは、同じ舟に乗る、という意味。[類義語]楚越同舟(そえつどうしゅう)、同舟共済(どうしゅうきょうさい)

・孤寡不穀(こかふこく)…王侯の自称。「孤」「寡」「不穀」の3語から成(な)る。ただし「寡」は「寡人(かじん)」ということが多い。いずれも王や諸侯のへりくだった自称。

・極楽浄土(ごくらくじょうど)…仏教で、阿弥陀仏(あみだぶつ)がいるという安楽の世界をいう。西方に向かって10万億の仏土を過ぎた彼方(かなた)にあり、諸々(もろもろ)の苦しみがなく安楽だけがある理想の世界とされる。[類義語]安楽浄土(あんらくじょうど)、安楽世界(あんらくせかい)、安養宝国(あんようほうこく)、九品浄土(くほんじょうど)、極楽世界(ごくらくせかい)、西方浄土(さいほうじょうど)、西方世界(さいほうせかい)、寂光浄土(じゃっこうじょうど)、十万億土(じゅうまんおくど)

・誇大妄想(こだいもうそう)…自分の現状を実際以上に想像して事実のように思いこむ、という意味。ちなみに「誇大」とは、実際より大袈裟(おおげさ)に言う、「妄想」とは、仏教語で「もうぞう」とも読み、正しくない想念、みだりな思いをいい、一般的には根拠のない主観的な想像を表す。[類義語]針小棒大(しんしょうぼうだい)

・鼓腹撃壌(こふくげきじょう)…理想的な政治が行(ゆ)き届(とど)いて、人々が平和な生活をする、という意味。ちなみに「鼓腹」とは、腹鼓(はらつづみ)を打(う)つ、「壌」とは地面、「撃壌」とは地面を叩(たた)いて拍子をとる、という意味。[類義語]撃壌之歌(げきじょうのうた)、含哺鼓腹(がんぽこふく)

・五倫五常(ごりんごじょう)…人としてふみ守らなければならない道徳、という意味。儒教の教え。ちなみに「五倫」とは、父子の親・君臣の義・夫婦の別・長幼の序・朋友(ほうゆう)の信の5つ、「五常」とは、仁・義・礼・智(ち)・信の5つをいう。

・五倫十起(ごりんじっき)…清廉公正な者にも私心はある、という意味。ちなみに「五倫」とは、人名で第五倫(だいごりん)、「十起」とは、10回起きる、という意味。

・懇到切至(こんとうせっし)…ねんごろに真心(まごころ)から親切を尽くす、という意味。ちなみに「懇到」「切至」ともに、ねんごろで十分に行(ゆ)き届(とど)く、という意味。[類義語]懇切周到(こんせつしゅうとう)、懇切丁寧(こんせつていねい)

<参考文献>

『漢検四字熟語辞典第2版』
『漢検漢字辞典第2版』

【注意】

※この記事で挙げた「漢字検定2級レベルの主要な四字熟語」は、あくまで1つの目安です。

実際の試験では、漢字検定2級レベル以外の四字熟語からも、1つ2つほど出題される傾向があります。

漢字検定2級レベル以外というのは、上級の準1級や1級のみならず、下級の5〜準2級レベルあたりの四字熟語も含みます。

この記事を参考に漢字検定2級レベルの四字熟語をマスターしたあと、「これを機に、漢字検定2級レベル以外の四字熟語も知っておきたい!」という意欲をもたれた方は、上記の<参考文献>を基に、学びを深められることをお勧めいたします。

【あとがき】

このたびは当サイトを訪れてくださりありがとうございますm(_ _)m

『漢字検定2級に合格☆漢検2級対策講座』は、ただいまブログランキングに参加中です。

お読みいただき、「まぁ、ためになった」や「今後の記事に期待する」などの感想をお持ちの皆さま、

かわいい人気ブログランキングへかわいい←こちらを応援クリックしてくださると嬉しいです♪

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【ご案内】

次回は漢字検定2級レベルの主要な四字熟語【さ】についてです♪

【漢検2級対策アイテム類】

本『カバー率測定問題集漢検マスター(2級)改訂第2版』
本『漢検2級漢字学習ステップ改訂3版』
本『漢検分野別問題集(2級)改訂2版』
本『ハンディ漢字学習(2級)改訂版』
本『漢検要覧2〜10級対応』
本『漢検漢字辞典第2版』
本『漢検四字熟語辞典第2版』
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[スポンサードリンク]
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。